ミリカ・ヒルズ

財務・修繕 Property

当マンションの財務について

当マンションでは、一般会計、特別修繕会計ともに毎期黒字を継続(現在7期目)しています。居住者の約7割が子育て世帯であり、子育て世帯を多く抱える管理組合だからこそ、子供の未来にマンション財政が磐石であることが前提と言えます。

一般会計は、2018年度まで毎期黒字を継続しています。一般会計の収支差額増加分は毎年の通常総会で特別修繕会計へと繰り入れることを報告しています。収支差額増加分の実績は、17年で1300万円、18年で900万円(組合保険更新年)です。

特別修繕会計は、大規模修繕周期を16年周期へと計画変更して且つ余剰金が出るように算出しています。また、資産運用で「マンションすまい・る債、日本国債」の購入なども行っています。

2019年3月から管理組合法人としての法人登記を行い、管理組合の収益事業を拡大しています。

当マンションの修繕について

2018年6月の大阪府北部地震を踏まえ、2019年4月から10月に掛けて大規模被災修繕を実施しています。